TalkieMagic
トーキーマジック株式会社

HOME > ローカライズ事業 > ローカライズ概要

トーキーマジック_ローカライズ概要

映画・ドラマは映像、音声、言語、この3要素により構成されますが、このうち言語を鑑賞される国や地域の言葉に翻訳し、ビデオフォーマットをその地域の仕様に正しく変換することをローカライズと言います。


言語のローカライズには字幕と吹替の2通りの方法があります。世界では吹替えが主流と言われていますが、日本においては字幕も根強い人気があります。理由の1つとして、日本語は状況に応じて文の主語や目的語を省略できるため、字幕という表現手段に大変適した言語であるという事実が挙げられますが、字幕の良い点は何と言っても俳優の生の声が聞けることでしょう。お気に入りの俳優が発声したとおりの音声で、監督が(ほぼ)意図したままの作品を鑑賞できるのは字幕ならではのメリットです。


一方で吹替えはセリフの情報を耳から取り入れるため、鑑賞していて楽な点がメリットです。作品と向き合うというよりも、何かをしながら観たり、リラックスして作品を楽しみたい場合に向いているでしょう。また、吹替えでは原音が聞こえないため、翻訳の自由度が高いことも魅力です。翻訳家、演出家によってはその部分を利用し、原語にないニュアンスや意味内容をうまくセリフに付加することで、作品をより魅力的で楽しめるものにする、そんな試みも行われています。それもまた吹替えならではの楽しみと言えるでしょう。


外国語へのローカライズに関しても、事情は変わりません。原語のまま鑑賞可能な地域であれば問題はありませんが、それ以外の国や地域をターゲットにした場合、作品を構成する3要素の1つとして作品の価値を高めるのも貶めるのも言葉しだいであり、言葉が作品を作品たらしめる、と言っても過言ではないでしょう。翻訳に際してはその点を肝に銘じる必要があります。


当社はこのローカライズを専門とし、ローカライズに特化した事業展開をしてまいりました。今後は作品の買付、発売へも事業領域を広げ、サービスをよりトータルなものへ発展させてまいりますが、ローカライズ業務は当社創業以来の基幹業務であり、今後もさらに進化を続けながら当社の事業の中心であり続けることは間違いありません。

top